【数量限定】「土田 麹 Gradation」(こうじグラデイション)純米酒 麹歩合違い3本セット 土田酒造(群馬県川場村)日本酒



【土田酒造株式会社】
蔵のある群馬県川場村は尾瀬から流れる清らかな川に恵まれ、
その伏流水は上質な軟水。
その水を生かした『誉れ国光』銘柄の日本酒は県内で大変人気があるばかりか、
モンドセレクション連続金賞受賞(2009・2010年)など、非常に高く評価されています。



お米や酵母よりも、
大事な日本酒の要素があります。
その秘密は麹にあり!
今後のお酒の選び方が変わる
麹歩合違いセット!








土田酒造の土田祐士さんより・・・

ここにきてまた、私たちの酒造りが、さらに進化をとげております。

「全部で純米で、全部山廃造りになったことでしょ?」
と言って頂けますと、とてもありがたいです。
実は、より大事な部分がみえてきたのです。

それは「麹」です。

「原料が、水、米、麹だから、そりゃ麹も大事でしょ。」
と思われるでしょう。
酒蔵さんから、お水の成分や、お米の違いのお話しはよくありますよね。
しかし、麹について、酒蔵さんから詳しい説明を聞いたことありますでしょうか?

今回、その極めて重要な麹に着目した特別なご案内で、ご連絡いたしました。
あなたに、まだこの世にない、新しい日本酒の出会いをして頂きたいためです。

それが ”麹 Gradation” です。

これは、麹の入っている割合を変化させたお酒のセットになります。
1,300以上の酒蔵がありますが、おそらく当蔵が初めての試み。

通常の日本酒の仕込みは、麹の割合が20%。白米の割合が80%です。
今回のセットは、麹の割合が

・99%(土田麹九割九分と同じ配合です)
・77%
・55%

と変化させた、3種類が入っております。
「麹の入っている割合だけで、味の違いがそんなに分かるの?」
と思われたかもしれません。

はっきりいって、変わります。極端に変わります。造った私たちがびっくり。
麹の歩合が多くなるほど、甘み、うまみ、苦味などのリッチさが変わります。
お米の違いよりも、もっともっともっとはっきりと味わいの違いが出ます。

このお酒をご体験いただければ
「米や酵母の違い? 麹の違いは、もっと重要だよ!」
と、思わずお客様に語ってしまうと思います。

なぜ、麹の割合を変えただけで、このように味が変わるのか?
日本酒のお米の味とは、麹の酵素がお米を溶かした味です。
麹次第では、味が変化する。それくらい麹が大事なのです。
日本の酒の起源は、麹から始まったとも言われております。
木の実で麹を作ったりしながら、米麹に行き着いたのです。
つまり、麹が先で、米が後だったのです。

どのくらい、麹が大事かの解説書を、お酒のセット中に同封いたします。

「麹の量の違いでこんなにお酒が変わるなんて!」
と、お客様の嬉しいご感想があると思います。
そのようなお手伝いを、この珍しいセットができますことを願っております。


土田酒造株式会社  
代表取締役 土田祐士



▼解説書より一部抜粋▼





「土田 麹 Gradation」

・種類  :純米酒
・原料米 :あさひの夢(群馬県)
・精米歩合:70%
・使用種麹:白夜(酒母麹)・焼酎用黄麹(掛麹)
・製麹時間:36時間(ほぼすべての麹にて)
・使用酵母:協会901号
・保管方法:常温可能
・アルコール度数:16%

720ml 3本セット(箱付き)
 単品の価格設定はございません。

※解説書と、特製ステッカーが付録でついております。


販売価格
9,900円(税900円)
購入数